元利均等返済方式について

消費者金融や銀行、信販会社などが行っている個人向け無担保小口融資と呼ばれる使い道自由のキャッシングには
元利均等返済方式という返済方法が用いられる場合があります。
この方法は、毎月の返済額を、初月と完済月を除き、全月で固定額にするもので、元利定額リボルビング方式とも呼ばれています。
この固定額の内訳は、借入元金と毎月生じる利息です。
通常、キャッシングなどでローンを組んで返済が開始されると開始し始めほど、借入元金が多いだけに、それに占める利息の割合は大きくなります。
一方、完済に近づけば近づくほど、今度は借入元金の占める割合が多くなります。
これは毎月の返済に占める利息は、前月の借入残高に借入年利から割り出した月利を掛け合わせるからで、返済が進めば、当然借入元金が減るので、毎月のように、占める利息が徐々に減ることによるものです。
つまり返済が進めば進むほど、毎月の返済額に占める利息は右肩下がりになり、借入元金返済分は右肩上がりになるというものです。
この元利均等返済方式は、キャッシングに限らず、ローンという金融商品の中では、最も一般的なもので、住宅ローンやオートローンにも用いられています。
ただ、キャッシングの場合、その返済方式に元利均等返済方式ではなく元利定額リボルビング方式と記す場合が多々あります。
この二つの決定的な違いは、元利均等返済方式が完済期間と借入年利から毎月の返済額を割り出すのに対し、元利定額リボルビング方式では、借入年利と毎月の返済一定額から完済期間を割り出すというものです。