保証人と連帯保証人について

キャッシングとは、消費者金融などの金融機関が個人に対して小口の融資を行うことを意味します。元々は証書貸し付けなどといった名称があったのですが、顧客受けが悪く、呼びにくかったため、消費者金融がキャッシングという造語を新たに作ったのです。一般的にキャッシングを利用するときは、担保や保証人はもちろんのこと、連帯保証人も必要としません。そのかわり、申し込み者の信用を担保としてお金を貸します。そういった訳で、利用者本人の審査を行い、融資ができるかどうか決めます。ですが、保証人や連帯保証人を付ける場合もあります。保証人や連帯保証人を付けることによって、利用限度額を上げることができます。ですからより高額なお金を借りることができるようになります。ちなみに保証人というのは、万が一利用者が借りたお金を返せずに自己破産したり、死亡した場合に借金したお金を返済する義務が生じてきます。連帯保証人は、保証人よりも責任が重いです。キャッシングをした本人が返済できるかどうかに関係なく、本人同様の返済義務が生じてきます。例えば、キャッシングをした本人が、働いて収入があるものの、ギャンブルなどをしていて、お金を返済しないでいたとします。そうなった場合、保証人には返済義務はありません。しかし連帯保証人には、キャッシングした本人に代わって返済を請求されることがあります。保証人と連帯保証人は大きく違うので、気を付けましょう。