利息の上限について

キャッシングは金利が高いと言うイメージがありますが、それは以前のキャッシングにあてはまる内容で現在では以前と比べても遥かに低い金利で融資が行われています。現在のキャッシングの利息は20%を上限としていますが、貸金業法の改正によって利息制限法の以前からあった金利に統一されているのです。キャッシングの金利が高いと言われていたのは法改正の前の話で、以前は利息制限法の金利を超え出資法の金利までの間で融資が行われていたのです。いわゆるグレーゾーン金利と呼ばれるものですが、20%代後半の高い金利で融資が行われていたのです。現在は利息制限法の上限金利が基準となっているため、金利の負担が軽減されているのです。現在では10万円までが20%、100万円未満が18%、それ以上では15%の金利が設定されていますので、法改正前と比べれば金利が大きく下げられたのです。キャッシングでは20%が上限ですが、一般的には100万円未満の融資となりますので、ほとんどの金融業者が同じ金利で融資を行っている現状があります。そのため金利の負担にはほとんど差がありませんので、金利以外の面で金融業者の比較を行う必要があると言えます。借入のしやすさや返済方法の自由度も重要ですが、キャッシングといえば無利息サービスの経済性が高くなっています。新規の申し込みに限り一定期間は金利がかからない融資を利用することが可能なのです。金融業者によって利息の上限は異なりますので、しっかりと比較してから選ぶことが大切なのです。