キャッシング利息の計算方法

キャッシングは身近なお金の借りる手段として広く認知されています。しかし、コンビニですぐに借りられるという認識で、利息がいくらだとか、返済方法がいろいろあるとか、キャッシングについて詳しく知られていないことが多いようです。
キャッシングは現金を直接借りる手段ですので、法律で、総収入の3分の1に借入限度額が制限されています。借入限度額はすべての現金の借り入れが対象となりますので、キャッシングをサービスしている金融機関や消費者金融が異なっていてもまとめて制限されます。
キャッシングの金利についても法律で上限が制限されており、各サービスごとの利息はあまり差が無いようです。利息の計算は、利息がかからないことが多い、翌月一回払いを除くと、おおまかに言って、分割払いとリボルビング払いが対象となりますが、両者はまったく違う計算方法となります。
分割払いでの金利の計算は借入時、借入金額を元に計算され、利息と元本の合計を分割します。それに対し、リボルビング払いは、借入時に計算された後、返済のたびに金利が再計算されます。そのため、リボルビング払いの場合は、年間を通しての金利の計算方法による合計を確認する必要があり、完済時の金利の支払額が分割払いに比べて高額になる傾向があります。金利の面では分割払いが有利ですが、リボルビング払いには、返済が借入金額によらず一定であること、繰り上げ返済が自由に行えるなどの利点もあります。ライフスタイルに合わせて返済方法を検討することをオススメします。