リボルビング返済方式について

キャッシングサービスを提供している消費者金融などの金融機関の多くは、返済方式にリボルビング返済方式を採用しています。この返済方式は毎月に利用金額に関係なく、あらかじめ決められた一定の最低支払額を毎月返済する方式です。リボ払いとも呼ばれるこの返済方式は、キャッシングの返済だけでなくクレジットカードの返済方式にも採用されています。
このリボルビング返済方式は、毎月の返済額を少額に抑えることができるのが特徴です。いくら利用しても月々の支払額は変わりませんので、安定した家計の管理をおこなうことが可能です。ただその反面、利用金額の増加に伴って支払い期間も長期間になってしまうため、金利の総支払額が膨らみ、いつまでも借金を抱えた状態になってしまうデメリットもあります。
そこで消費者金融のキャッシングサービスでは、このリボルビング返済方式のデメリットを補う措置として、審査において借り入れ限度額の上限を定めたり、返済期限を設けるといった自主的な規制を採用しています。また正確に言うと、消費者金融のキャッシングサービスが採用しているのは、借り入れ残高によって毎月の支払額が変わる残高スライドリボルビング返済方式ですので、借り入れ額の減少に伴い月々の支払額は減少します。しかし支払額が減少するということは元金への充当も減少するということですので、結果として完済までの期間が長引いてしまうことになります。したがってキャッシングを賢く利用したいのであれば、余裕のある時におこなう繰り上げ返済を常に視野に入れておく必要があります。